リゾバ.com アルファリゾート

リゾバ.comとアルファリゾート、僕の感想

リゾートバイトを探す時って、意外と1番大事なのは派遣会社選びです。

リゾートバイト先でバイト仲間と話してて、よく話に上がるのはどこのリゾートバイトが良かったか?そして、どの派遣会社がいいのか?です。

リゾートバイトしてる人の中には、ガチンコでそれだけで生活してる人もいます。
そういう人こそ情報に敏感で、派遣会社の話をよくします。

そこでみんな口を揃えていうのが、最近のリゾバ.comはダメってことです。
みんなの中で今1番良いのはアルファリゾートです。

リゾバ.comとアルファリゾートの差は色々あるんですが、一番のポイントは時給の違いです。
リゾートバイトの給料は、勤めているホテルや商業施設からじゃなく、派遣会社からもらうものです。

なので派遣会社の取り分によって僕たちの時給は変わります。
リゾートバイト先で仲良くなった友達の時給が、自分とは違うことも普通にあります。

リゾートバイト選びで一番大事な基準とも言える時給ですが、一番有利なのがアルファリゾートだと言われています。
反対に時給が安い可能性が高いのは、、、そう、リゾバ.comなんですね。

リゾートバイト先のバイト仲間と給料の話になって、おんなじ事してるのに自分の方が時給が安いって分かった時、ショックですよ〜w派遣会社はリゾバ.comよりもアルファリゾートが正解です。

≫アルファリゾート公式サイトはこちら
≫リゾバ.com公式サイトはこちら


なぜリゾバ.comは時給が安い?



ここからは僕の推測になるんだけど、リゾバ.comの時給が安いのってやっぱり大手だからだと思うんですよね。

一番トップに君臨してるのはやっぱりダメなんですよ。旅行の予約する時だって、業界トップのじゃらんよりも楽天とか一休とかの方が安いです。

それとおんなじで、リゾバ.comはリゾートバイト業界の大手企業、だからこそ時給は安めでも人が集まるんですよね。

まあ最大手の企業を選んどけば安心ってのもあるし分かるんだけど、アルファリゾートもちゃんとした会社だし大手企業だし、全然問題ないんですけどね。

なんせリゾートバイトで損したくないって思うなら、リゾバ.comよりアルファリゾートです。
時給の差がデカいとこだと50円くらい差が開いてくるから、これは要チェックです。

たかが50円、されど50円、月にしたら万単位の差になります。
こういう時給の差がバレないようにするために、各派遣会社のホームページに掲載されている求人には、ホテル名などを記載せずに特定できないようにしています。


じゃあなんでリゾバ.comにも登録してんの?って話。

散々リゾバ.comのことdisっといてなんだけど、実は僕もリゾバ.comに登録してますw
念のためというか、なんだかんだリゾバ.comは必須かなと思います。

っていうのも、リゾバ.comにはアルファリゾートよりも優れている点があるからです。
それは、何を隠そう、リゾートバイトの求人数ですね。

リゾバ.comはリゾートバイト専門の派遣会社で一番の老舗ですから、その強みはありますよね。
リゾバ.comとアルファリゾートとじゃ、リゾートバイトの求人数は倍くらい違ってきます。

って言っても、アルファリゾートだけでもリゾートバイトの求人はかなりあります。
日本全国ありとあらゆるリゾートバイトが、アルファリゾートのホームページで閲覧できます。

登録するとさらに公開されていない求人まで見れるので、かなりの数のリゾートバイトから選ぶ感じになります。

だけど、僕のようにリゾートバイトの条件にわがままを言いたいなら、リゾバ.comにも登録しておいて損は無いです。

例えば、沖縄の小浜島で、まかないの出る居酒屋のリゾートバイトで、しかも時給はいくら欲しい!寮は汚いところはイヤ!そういう感じならある程度リゾートバイトは絞られてきちゃいますよね?

単純にアルファリゾートとリゾバ.comの両方に登録しとけば、まあ多少は希望のリゾートバイトが見つかりやすくなります。

リゾバ.comでもアルファリゾートでも見つかるっていうなら、その時は時給とか待遇がいい方を選べばいいと思います。

まぁ、リゾバ.comもアルファリゾートも登録するのは無料ですからね、登録しといて一切使ってないなんて人も死ぬほどいますから。

≫アルファリゾート公式サイトはこちら
≫リゾバ.com公式サイトはこちら


派遣会社いくつも登録すんのダルいよ!って方へ。



リゾートバイトの派遣会社は、いくつも登録しておけば情報が入りやすいし損はないです。

だけどそれぞれの派遣会社の面接を受けないとダメだし、何個も登録するなんてダルすぎでしょ!?そう思うのもムリはありませんね。

だけど最近は、リゾートバイトの派遣登録はオール電話&メールでいけるんですよね。
何年か前からこうなったんだけど、これはかなり画期的ですよ。

以前はリゾバ.comに登録しようと思ったら、リゾバ.comの事務所まで一回は行く必要がありました。

だけど今はインターネットで履歴書送って、メールで撮った顔写真送って、電話でちゃちゃっと面接してOKになりました。
これはマジで楽だし、便利です。

だけど電話と言えどいくつも登録するのはさすがに面倒ですよね。
なので、僕のお勧めとしては、結局なんだかんだ言ってリゾバ.comとアルファリゾートの二刀流がベストなんです。

その理由は、リゾバ.comは業界最多求人数、アルファリゾートは業界最高時給だからです。

リゾバ.comとアルファリゾートの二つを押さえときゃあ、まー心配ないと思います。
ある程度希望通りのリゾートバイトは見つかることでしょう。


リゾートバイトの派遣登録への道

じゃあリゾートバイトの派遣登録にはどのくらいの手順踏まないといけないのか?
ちょっと解説してみたいと思います。

リゾバ.comもアルファリゾートも、他のリゾートバイト派遣会社であっても、派遣登録の手順はハッキリ言ってみんなおんなじです。
初めて電話面接を導入して手順を簡略化したのは、たぶんアルファリゾートだったと思います。

そこからリゾバ.comとか他の派遣会社もマネし出して、結局登録の方法はみんなおんなじになっちゃいました。
ではでは、以下に手順書いてみます。


1.ウェブ登録

最初にやるのはウェブ登録、楽天の会員登録とかじゃらんの会員登録と同じです。
名前と電話番号とメールアドレス入力してー、みたいな感じ。

入力項目は少ないので、タイピングが異常な遅さって人でも5分あれば十分、普通は1分くらいかな?
登録が済んだら数時間後にリゾバ.comやアルファリゾートの担当から電話があります。

ちょろっと希望のリゾートバイトや過去のバイト経験聞かれて、あとは面接の日程調整ですね。
ここで電話面接を希望すればOKです。


2.電話面接



面接の日程は100%こっちの都合に合わせてくれるのでありがたいです。
指定した日時に電話がかかってくるので、くれぐれもガヤガヤした場所にはいないようにしましょう。

聞かれることっていうと、簡単な学歴、過去のバイトや仕事の経歴、あとは語学だったり特技があるかとかですね。

よほど変人でないとサラッと終わるので、あとはどんなリゾートバイトをしたいかの話になります。
まあ面接の時間は10分も無いくらいでしょう。

ちなみに、仕事をする以上は顔写真の提出が必要になるみたいですが、スマホで撮った顔写真でOKです。
パッと撮ってメールで送っちゃいましょう。


3.リゾートバイト選び

この時点で、リゾバ.comなりアルファリゾートなりの登録は完了してることになります。
つまり登録に必要なことってウェブ登録と電話面接くらいです。

面倒って言ったら10分程度の電話面接くらいかな?
面接って言っても、まるで電話オペレーター並みに丁寧な口調だから、緊張することはないと思いますが、時間合わせるのがめんどうなくらいですね。

ここまでくればあとはリゾートバイトを探して、決まったら出発しちゃうだけです!

とまあこの程度のことなので、リゾバ.comとアルファリゾート、2社くらいは登録しておいても損はないですよ。

≫アルファリゾート公式サイトはこちら
≫リゾバ.com公式サイトはこちら


リゾートバイト選びの注意点

リゾートバイトが人生最高の楽しい思い出になるか、普通のアルバイトの思い出になるかは、なんだかんだリゾートバイト選びにかかっています。

リゾートバイトを選ぶ際に、時給や職種、寮の設備は誰もがチェックすることでしょう。
以外に見落としがちなことっていうと以下のようなポイントですね。

  • リゾートバイトスタッフの年齢層
  • 寮の住環境

リゾートバイトを思いっきり楽しむには、やっぱり気の合う仲間は必須です。
学生時代の仲間みたいな最高の仲間に出会うも良し、甘酸っぱいひと夏の恋を経験するも良し、それもこれもリゾートバイトのメンツにかかってます。

リゾートバイトに行ったはいいが、周りは社員ばっかりだったとか、一回り以上年上の人ばっかりだったとか、いろんな失敗談を耳にします。

気になるリゾートバイトを見つけたら、他のリゾートバイトスタッフの年齢層や性別の割合もチェックしておくといいです。

あと、寮の周りの住環境も大事です。寮の周りにスーパーもコンビニも無いってこともあります。
まかないがあるから生きてはいけますが、不便と言えば不便です。

寮で飲み会をするにしても、近くにコンビニくらいあった方がいいです。
あと女子なら治安も気になるだろうし、勤務地から寮までの通勤もどんなものか聞いておくと良いです。